自分でやるリスク

債権回収の手続きは、自分のみで行う事も可能です。ただし言うまでもなく、可能不可能の二択でいえば可能というだけであり、実際は相当に困難になります。相手が本当に払えない場合は問題ありません。自分でやっても弁護士に依頼しても、回収不可能な結果は同じです。問題は悪意のある相手が財産を隠している場合であり、当然ながら向こうは逃げるつもりでいます。弁護士を間に挟まない支払い交渉など、成功する確率はほぼないといってもいいでしょう。法律の強制力をもってこそ、悪意のある相手から債権が回収できるのです。

特に逃げる事を前提に考えている相手は、既に対策済みである事も多いです。財産は処分されていて、裁判になっても結果は同じ。一番多い例として、相手が自己破産するともうどうにもなりません。そうなると分かっているからこそ、あえて借りたという可能性もあります。どちらかといえば、もう騙すか騙されるかという話です。

身も蓋もないのですが、自分で債権回収ができるのであれば法的な手続きを踏む前に事は終わっているでしょう。極論、債権回収の手続きは相手が本当にお金を持っているかどうかの確認であり、持っていなければどうにもなりません。ただし法的な手続きをしなければ、相手がどっちなのかは分かりません。それを素早く確認する為にも、弁護士への依頼料を惜しむのはお勧めできません。